日本人、外国人セラピストの違いと遊ぶリスク/男の癒し処

自分に合うエステ・マッサージの選び方を伝授!ここでは「日本人、外国人セラピストの違いと遊ぶリスク」について掲載しています。

メンズエステ・マッサージの選び方 サイトマップ

  1. メンズエステ・マッサージの選び方 TOP
  2. メンズエステのコンセプトまとめ
  3. 日本人、外国人セラピストの違いと遊ぶリスク
  4. 違法メンズエステの特徴を解説
  5. S男性は逆エステがおすすめ
  6. メンズエステに男性セラピストはいるの?
  7. メンズエステ嬢の平均年齢と顔面偏差値は?
  8. 店舗型?それとも派遣型エステ、あなたはどっち派?
  9. メンズエステは地雷嬢が少ない?エステのパネマジ・採用基準とは
  10. エステ嬢へのNG会話
  11. エステ嬢と仲良くなる方法
  12. メンズエステはどこで受ける事が出来るの?
  13. メンズエステ嬢にモテるのは簡単!?
  14. こういう時、メンズエステに行ってもいい?
  15. 派遣型メンズエステを利用する時の注意点
  16. メンズエステでクレジットカードは使える?
  17. メンズエステって何?メンズエステのまとめ
  18. 泡洗体エステは風俗エステ?
  19. 鼠蹊部マッサージのアレコレ
  20. リンパマッサージとは?
  21. オイルとパウダーマッサージの違い
  22. メンズエステとマッサージの違いとは
  23. これは使える!優良メンズエステサイトまとめ
  24. メタボ解消できるエステの選び方
  25. 身体への効果重視なら「ちょっと痛いエステ」を
  26. 風俗と通常のメンズエステの見分け方
  27. 指圧とマッサージの違いを比較してみた
  28. エステ・マッサージ店が空いている時間帯は?
  29. テクニック重視ならマッサージ店を選ぼう
  30. 女の子重視したいならメンズアロマエステへ

日本人、外国人セラピストの違いと遊ぶリスク

とりあえずヌキはさて置き、カワイイ、美人さんの女の子と癒し空間でリラックスをしたいという男性が増えているそうです。
時代は性風俗だけにあらず。乾いた心に水をやる、そんな女性による男性の為のメンズエステで遊ぶという選択肢。
回春に添い寝、逆エステなど様々なコンセプトがありますが、実は働く女性の国籍によってお店、サービスに随分幅が出てくるということはあまり知られていません。
今回は日本人、外国人セラピストのサービスの違いからリスクについてを徹底検証していくので、ぜひお店選びの参考にしてみてくださいね。

メンズエステのお国柄で異なるサービスに信頼力

在籍セラピストが日本人なら日本人エステ、外国人なら外人エステ、こんな呼び方はしませんが、外国人(アジア人)セラピストがメインのお店はアジアンエステとも呼べます。

国の違いで何が異なるのかをここで考えてみましょう。

・その国独特のマッサージに特化したサービスを提供している
・料金とルックス
・安心度、信頼感

まず大きく分けるとこの3つが異なるといえます。

お店自体が日本人または外国人経営の場合、もしくは単に日本人が多い、外国人が多い場合もありますが、それらは外野サイドからは見えにくいです。

次項ではこれらの違いについてをより深くメス入れしていきたいと思います。

アジアンエステは施術内容がディープ

まず外国人セラピストが多い、もしくは全員が外国人の場合を考えていきましょう。基本的に外国人が多く在籍するお店は東南アジア、韓国、中国系のお店がほとんど。

国によってチャイナエステ、韓国エステもしくはアジアンエステなどと呼んでいます。

前項でお話ししたように、国によって伝統的なマッサージは異なりますよね?例えば中国ならば回春という、男性の元気を促す睾丸、前立腺マッサージなどが強い側面があります。

韓国であれば韓国式の垢すり、タイの場合はタイ古式マッサージなどですね!それぞれ同じような括りでまとめられていても、実際そこで受ける施術に関してはその国の伝統と歴史を感じるものがズラリ。

一方で日本人が揃う、または日本人経営の場合は、リンパマッサージにオイル、パウダーなどのいわゆるスタンダードマッサージが揃います。外国人セラピストが揃う お店で見られるような伝統のマッサージ等は少ないですが、美魔女やメイド、ロリから和風を舞台にする多彩なコンセプト店が多いのが特徴でしょう。

外国人系はお値打ち価格!?

次に見ていきたい側面として値段設定があります。日本人が揃うお店、日本人経営のお店はそれなりのお値段がする傾向にあります。

もちろんコースやコンセプトなどにもよりますが、60分10000〜15000円程度の出費を覚悟する必要があるでしょう。派遣タイプの場合はそれに加えレンタルルームやホテル代が必要になりますし、フェチに合わせたオプションを加えると20000円程度は必要になることがほとんど。

一方でアジアンエステになると、60分で10000円を切るような値段設定のところが少なくありません。また経営自体が若干危ういところも多いので、実際の料金よりも安くディスカウントできてしまうようなお店もあるのが特徴です。

お店によるバック率などが異なるのも原因の一つとだと考えられますが、日本人経営のお店ではなかなか味わえない本格マッサージを価格を抑えて楽しめる点は嬉しいですよね。

危険性というリスクも忘れないで!

最後に強調したい点として挙げられるのが安心料でしょうか。

まず日本人が揃うお店では非常にクリアな料金体系、サービスを導入していること、そしてコミュニケーションの面で全く問題がない為、顧客サイドも安心して施術を受けることができます。

しかしながら外国人メインのお店は、そもそも違法で経営しているアジアンエステも多く、外国人女性が不法就労で働いている可能性も捨てきれません。

また秘密裏にスペシャルな本番コミコミのメニューを提案されたり、提示された料金とは違うぼったくり料金の支払いを要求される場合もあります。

全てのケースでこれらの危ういリスクが確認されるわけではありません。しかし外国人女性が多く在籍するようなお店では、その危険性が高まるということを覚えておくといいでしょう。

どちらがいいかを明言することは難しいですが、まずHPがない、口コミが良くないもしくは外国人女性によるキャッチ経由の場合は、リスクが高くなるので黄色信号。

メイドインジャパンではありませんが、やはり日本人経営、日本人セラピストが揃うお店は信頼度が非常に高くなるので、それらを考慮にいれてメンズエステ選びをしてくださいね。