メンズエステを自前パンツで受ける/男の癒し処

自分に合うエステ・マッサージの選び方を伝授!「メンズエステを自前パンツで受ける」について掲載しています。

メンズエステ・マッサージの選び方 サイトマップ

  1. メンズエステ・マッサージの選び方 TOP
  2. 素っ裸でメンズエステは利用可能?
  3. セラピストをチェンジしたいけどできる?
  4. メンズエステを自前パンツで受ける
  5. メンズエステで本番をけしかけられたらどうする?
  6. メンズエステで性病感染はあり得る?
  7. メンズエステでドS嬢と楽しめるプレイとは?
  8. エステ嬢へのチップは必要?
  9. 手コキだけで満足できる?
  10. エステ嬢と仲良くなるのに差し入れは有効か
  11. 早漏・遅漏でもメンズエステ嬢に嫌われない?
  12. メニューに拘って満足度アップ!
  13. ドライとも潮吹きとも違う「ところてん」とは
  14. もし、エステ嬢に本番を誘われたら・・・?
  15. メンズエステで遊ぶ前準備
  16. 睾丸マッサージの嬉しい効果
  17. 風俗メンズエステの営業時間は?
  18. 目的別!おすすめ風俗エステ
  19. 男の潮吹きとは?ドライオーガズムとは違うの?
  20. メンズエステを実際に利用するにはどうするの?
  21. メンズエステの3Pとは?
  22. アジアンエステとは?
  23. 洗体エステ・密着エステとは
  24. メンズエステで安く・お得に遊ぶコツ
  25. メンズエステ嬢と仲良くなるコツ・メリット
  26. ヘルスサービスも受けられる?ハイブリッドエステとは
  27. M男がハマるM性感エステとは
  28. メンズエステでしか味わえないプレイってある?
  29. メンズエステで満足した理由・しなかった理由
  30. メンズエステで客ができないこと
  31. メンズエステでEDの改善が期待できる?
  32. メンズエステで射精は何回できる?
  33. ハズれないメンズエステの選び方
  34. メンズエステ・アロママッサージの料金相場
  35. マッサージテクニックがあるメンズエステの選び方
  36. 回春マッサージでできるドライオーガズム講座
  37. 中国・アジアンエステってどう?
  38. エッチなオプションで濃厚癒し体験
  39. マッサージで勃起するか不安な男性へ
  40. 短小・包茎でも気にせず遊べるメンズエステ!

メンズエステを自前パンツで受ける

メンズエステの紙パンツ、意外と男性陣からの評価は芳しいものではありません。ゴワゴワ、カサカサするし何よりもカッコ悪いからイヤだという声は多いのですが、果たして紙パンツ拒否、自分のパンツで施術も可能なのか?ここでは男性陣のリアルな声と、自前パンツOKか否かの実情に迫ります。

自前パンツ施術はほぼ無理!

紙パンツはメンズエステにおいて、通らなければいけない関門。赤ちゃんプレイをするわけではないけれど、やはりその紙パンツ洗礼を抜け出すことはほぼほぼ難しいのが現状です。

そんな男性の声に対応するがごとく、お店側も複数の紙パンツ選択肢を用意したり、はたまた履き心地に特化したタイプを導入するなどの企業努力は欠かせません。

しかし基本的に局部ポロリを防ぐ為にはお店で用意した紙パンツを履くのがルールであり、メンズエステにおけるマナー。イチモツをカバーするだけなら、シックリくる自分の下着を持参してもイイじゃないと思う方には申し訳ございませんが、紙パンツ一枚でゴタゴタするのはやっぱりカッコ悪い!

メンズエステを最大限楽しむ為にも、「ワガママなお客様」認定を受けない為にも、大人しく紙パンツを着用して施術を受けましょう。

紙パンツ以外NGの本質的理由

メンズエステにおいて、紙パンツを履く履かない、自前パンツで施術を受けたいと思う男性は多いのですが、ことごとく拒否されます。その理由は何なのか?ここではセラピスト目線でメンズエステにおける紙パンツの重要性、なぜにその着用が義務づけられているのか?を考えてみましょう。

@風俗との差別化をする為

Aマッサージ施術をするのに紙パンツが適している

これらの理由に特化しています。

風俗エステ、またはバリバリの性風俗店であるデリヘルと非性風俗店のメンズエステではそもそも趣旨が異なり、メンズエステの場合は男性器露出を基本としたものではありません。あくまで身体のほぐしとリラクゼーション空間の提供であり、風俗エステで可能になる手コキメニューもなし。

その為メンズエステでは男性器のポロリ、性的導火線を刺激しない為にも紙パンツ着用を義務付けているのです。なぜ紙パンツなのかというと、ちょうどいい締め付けがマッサージに適しており、なおかつ紙パンツなのでオイルやパウダーで汚れても問題ないから。

そんなサービス提供上の利点からも紙パンツ着用の有用性は確証されますね。自前パンツの場合は汚れる可能性も高く、なおかつ一人のお客様にOKを出すと、前例を作り出してしまい、様々な要求をされかねない点も挙げられます。

どうしても紙パンツが嫌ならば

実際メンズエステでもゴネるお客様は多く、その度に女性セラピストは苛立ちや困惑を覚えるようになります。それが意味することは、男性客への信頼感の揺らぎ、そしてサービスの質の低下。たかだか紙パンツ一枚を履く履かないで、揉めるのは一害あって一利なし!

しかしながら自前パンツ、自分が用意した紙パンツを着用できるケースは極々稀に存在します。

それはお店に足げなく通い、自分を信頼してもらっている、お店の指名女性とはもはやツーカーの仲だという場合。こちらのケースに限りケースバイケースで自分が用意した紙パンツや自前パンツでの施術が許容されることもあるようです。

また風俗エステやいわゆるアジアンをコンセプトにするお店は紙パンツ着用ではなく、よくあるオレンジまたはホワイトカラーのタオルを下半身に置いて施術するところもあります。

その為どうしても紙パンツはイヤだという方は、アジアンマッサージやプラスαのヌキが楽しめる風俗エステの利用を考えましょう!