メンズエステを実際に利用するにはどうするの?/男の癒し処

自分に合うエステ・マッサージの選び方を伝授!ここでは「メンズエステを実際に利用するにはどうするの?」について掲載しています。

メンズエステ・マッサージの選び方 サイトマップ

メンズエステを実際に利用するにはどうするの?

メンズエステを実際に利用するとなると具体的にはどうしたらいいの?今更聞けない基本的な事を詳しく説明します。

メンズエステは店舗があるの?

メンズエステは「店舗型」「店舗受付型」「派遣型」と3タイプあります。
とはいえ、出張型のお店が圧倒的に多く、店舗型は回春マッサージ系が多いように思います。(※独自の調査です)
圧倒的に少なくはありますが、「店舗型」の利用方法から説明します。

まず、お店のHPなどで場所を確認して直接来店します。受付で女の子を選び(フリーでも入れます)コースを決めます。ここでマッサージの強さや要望などのカウンセリングがあるお店もあります。
料金を支払い、部屋へ案内されます。女の子が部屋へきて、マッサージ開始です。

HPや電話で予約も出来るので、好みの女の子が良いと選びたい場合は、事前に予約と指名をすることをオススメします。

メリットはホテル代や女の子の交通費がかからない事。事前準備が必要ない事です。
デメリットは圧倒的に数が少ない事。気になる人にとっては、すぐ隣(?)に従業員がいる事、入っていく所を人に見られる可能性がある事です。

メンズエステの「店舗受付型」利用法

次は「店舗受付型」の場合です。お店に出向いて受け付けをし、お店オススメ(指定?)のホテルへ行き、到着してからお店に電話をして女の子の到着を待つという形態になります。中には女の子と一緒に行くお店もあります。

利用可能なホテルはお店で教えて貰える他、HPなどでも確認出来ます。ホテル代は別途かかりますので注意しましょう。

店舗受付型もHPや電話で予約や指名ができます。カウンセリングやコース決めは女の子が来てから行い、女の子に支払いをする場合が多いようです。

ホテルついて女の子が来るまでにシャワーを済ませるパターン、女の事一緒にシャワーを浴びるパターンなど、店舗により異なりますのでHPや受付時に確認しましょう。

メリットはあらかじめホテルなどを予約しておく必要が無い事。女の子の交通費がかからない事です。
デメリットはホテル代がかかる事、場所を移動する手間があることです。
店舗受付型は、デリバリーサービスもしている所が多いです。

メンズエステの「派遣型」利用法

最後にそのデリバリー型である「派遣型」の場合です。デリヘルを利用した事がある人はわかるかと思いますが、最初にHPや電話で予約をして、自宅や自分の好きなホテルに予約した時間に来てもらう形態です。

混浴などのサービスがあるお店かオプションをつけていない場合は、女の子の到着までにシャワーを済ませておきます。混浴オプションをつけていても、軽くシャワーを済ませていた方が紳士的です。

女の子が到着したら後は店舗受付型と同じです。コースや内容を決めて女の子に支払いを済ませてサービス開始です。サービスは布団やベットの上で行いますので、自宅に呼ぶ際はベット上はもちろん周りも片付けておきましょう。

店舗型や店舗受付型は24時迄の営業となりますので、深夜に利用した場合は「派遣型」になります。

メリットは自分の好きな場所に呼べる事、深夜でも利用できる事です。
デメリットは場所によってはホテル代や交通費がかかる事、自宅の場合は片付ける手間がある事です。

ワンポイントアドバイス

メンズエステは最初にカルテやアンケートという形で、疲れている個所や重点的にして欲しい事を聞かれる事が多いです。

メンズエステのサービス内容は、オプション利用によりかなり変わってくる為、満足のいくサービスをするためのモノです。

トップレスやコスプレ、混浴や洗体など、お店によってもやっているサービス内容が異なります。通常マッサージに重点を置きたい場合や性感マッサージに重点を置きたい場合。通常マッサージの中でも肩を中心に、腰を中心に、等の要望も伝えられる事が多いです。

出来る事出来ないこと、料金などをしっかり確認してコースを決め、要望はしっかり伝えて、後は身を任せる。これが満足いく癒しの時間を過ごす秘訣です。