違法メンズエステの特徴を解説/男の癒し処

自分に合うエステ・マッサージの選び方を伝授!ここでは「違法メンズエステの特徴を解説」について掲載しています。

メンズエステ・マッサージの選び方 サイトマップ

  1. メンズエステ・マッサージの選び方 TOP
  2. 日本人、外国人セラピストの違いと遊ぶリスク
  3. 違法メンズエステの特徴を解説
  4. S男性は逆エステがおすすめ
  5. メンズエステに男性セラピストはいるの?
  6. メンズエステ嬢の平均年齢と顔面偏差値は?
  7. 店舗型?それとも派遣型エステ、あなたはどっち派?
  8. メンズエステは地雷嬢が少ない?エステのパネマジ・採用基準とは
  9. エステ嬢へのNG会話
  10. エステ嬢と仲良くなる方法
  11. メンズエステはどこで受ける事が出来るの?
  12. メンズエステ嬢にモテるのは簡単!?
  13. こういう時、メンズエステに行ってもいい?
  14. 派遣型メンズエステを利用する時の注意点
  15. メンズエステでクレジットカードは使える?
  16. メンズエステって何?メンズエステのまとめ
  17. 泡洗体エステは風俗エステ?
  18. 鼠蹊部マッサージのアレコレ
  19. リンパマッサージとは?
  20. オイルとパウダーマッサージの違い
  21. メンズエステとマッサージの違いとは
  22. これは使える!優良メンズエステサイトまとめ
  23. メタボ解消できるエステの選び方
  24. 身体への効果重視なら「ちょっと痛いエステ」を
  25. 風俗と通常のメンズエステの見分け方
  26. 指圧とマッサージの違いを比較してみた
  27. エステ・マッサージ店が空いている時間帯は?
  28. テクニック重視ならマッサージ店を選ぼう
  29. 女の子重視したいならメンズアロマエステへ

違法メンズエステの特徴を解説

合法と違法を分かつラインの違いはいったいどこ?メンズエステ界隈でも違法メンズエステが増えていると言いますが、今回は違法メンズエステの正体をバッサリ解説。

甘い罠にはまってしまわぬように、男性サイドにも慎重なお店選びが必要な時代になってきているのです。

違法メンズエステの定義

巷で増えるのはジゴロだけじゃない!昨今違法メンズエステの数が急増しています。さて皆さん、違法と形容が付くメンズエステと合法のメンズエステの違いをはっきり理解していますか?

法律を遵守していないメンズエステのことを違法メンズエステと言いますが、具体的には風営法の許可届出を出していないにも関わらず、性的なサービスを提供しているお店のことを言います。

なお違法メンズエステにはお店主導で性的サービスを行う場合と、ちょっとした出来心でセラピストがお痛をしてしまう女性主導のケースの2パターンがあり前者の方が当然の如く悪質です。

また違法メンズエステに関しては、風営法の届け出をきちんと出していても、出店エリア外で知ってか知らずか営業しているお店もあります。この場合も法律違反ということで違法扱いになることも覚えておきましょう。

違法店で行われている悪いこと

違法メンズエステで行われるサービスについても触れておきましょう。まず露骨にペニス付近へのアプローチが多いことが特徴として挙げられます。

そもそも合法なメンズエステではなるべく男性自身を刺激しないようにマッサージを行うのが鉄則であり、もちろん紙パンツ着用義務が徹底されています。しかしながら違法店の場合、紙パンツすら置いていない店舗も少なくありません。

一般的に言われる違法メンズエステは、非風俗店でありながら抜き行為が行われていることが多いのですが、中にはお客サイドの要求もしくはスペシャルメニューと称して本番を提案する基盤が行われることもあります。

なおメンズエステに問い合わせて、電話口、受付で、ヌキは〇〇円、フェラの場合は追加でいくら……などダイレクトに包み隠さずメニューを伝えてくれることは摘発を恐れてか通常は教えてくれません。

しかし違法メンズエステを訪れれば、刺激的なキャストの服装やサービス満点の密着率、お店の佇まいからピンと来る男性は少なくないようです。

実際違法メンズエステは許可なしで性的行為を日常的に行っていることが摘発対象になりますが、最近は女性やお店の対応が男性の性的好奇心を刺激していると判断されれば、ヘルス行為がなくとも違法扱いされる場合もあるのが難しいところです。

違法メンズエステを利用したら逮捕されるの?

さて多くの男性陣が気になるのが、もし違法メンズエステで甘い誘いに乗ってしまって手淫行為、もしくはそれ以上の行為を裏風俗として楽しんでしまったらどうなるのか?ということでしょう。

結論から言うと、お客サイドが警察にお縄頂戴宣言されることはほぼありません。基本的にその対象になるのは店舗側、そして性的行為を主導した女性側にあります。通常はお店サイドの責任になることが多く、キャストが逮捕されることは少ないようです。

ただし例外として男性が逮捕されるケースも考えられます。それはヘルス行為をしてしまった相手女性を過失だとしても傷付けてしまった場合、もしくはその相手が未成年であった場合ですね。

実際これらは極々限られたケースになりますが、私達男性サイドからは女性の実年齢が分かりにくいこともあるので注意が必要です。

特にチャイエスなどは多くの中国人、東南アジア人が働いていますが、中には就労許可がなかったり、年齢確認がずさんなところもあるのでその点は留意してくださいね!