中国・アジアンエステってどう?/男の癒し処

自分に合うエステ・マッサージの選び方を伝授!ここでは「中国・アジアンエステってどう?」について掲載しています。

メンズエステ・マッサージの選び方 サイトマップ

  1. メンズエステ・マッサージの選び方 TOP
  2. 早漏・遅漏でもメンズエステ嬢に嫌われない?
  3. メニューに拘って満足度アップ!
  4. ドライとも潮吹きとも違う「ところてん」とは
  5. もし、エステ嬢に本番を誘われたら・・・?
  6. メンズエステで遊ぶ前準備
  7. 睾丸マッサージの嬉しい効果
  8. 風俗メンズエステの営業時間は?
  9. 目的別!おすすめ風俗エステ
  10. 男の潮吹きとは?ドライオーガズムとは違うの?
  11. メンズエステを実際に利用するにはどうするの?
  12. メンズエステの3Pとは?
  13. アジアンエステとは?
  14. 洗体エステ・密着エステとは
  15. メンズエステで安く・お得に遊ぶコツ
  16. メンズエステ嬢と仲良くなるコツ・メリット
  17. ヘルスサービスも受けられる?ハイブリッドエステとは
  18. M男がハマるM性感エステとは
  19. メンズエステでしか味わえないプレイってある?
  20. メンズエステで満足した理由・しなかった理由
  21. メンズエステで客ができないこと
  22. メンズエステでEDの改善が期待できる?
  23. メンズエステで射精は何回できる?
  24. ハズれないメンズエステの選び方
  25. メンズエステ・アロママッサージの料金相場
  26. マッサージテクニックがあるメンズエステの選び方
  27. 回春マッサージでできるドライオーガズム講座
  28. 中国・アジアンエステってどう?
  29. エッチなオプションで濃厚癒し体験
  30. マッサージで勃起するか不安な男性へ
  31. 短小・包茎でも気にせず遊べるメンズエステ!

中国・アジアンエステってどう?

あなたはエステやマッサージにどんなサービスを求めますか?例えばサービスしてくれる人が外国の女性だったらもっと刺激的な体験ができるかも。エステの本場中国やタイなど、アジアンエステについて学びましょう。

中国・アジアンエステについて知ろう

まずアジアンとは、日本周辺の国出身の女性のことを指します。中国や韓国、タイやフィリピンなどからの女性が多く、それぞれ国ごとに女性が集まり「韓国エステ」や「タイマッサージ」といったジャンルに分かれて営業しています。

特に中国系エステが多く、チャイエス(チャイナエステの略)などと呼ばれるマッサージ店が多くなっています。ここまで海外の女性が働く風俗業種は、エステマッサージとデリヘルなどの出張系風俗くらいです。

なぜエステにアジアンが多いかと言うと、普通の仕事だけ日本で暮らしていくには少々厳しいからです。中華料理屋さんで働いて夜はエステ、など、掛け持ちしているのです。掛け持ちするにもあまり本格的な風俗店だと本職に影響が出てしまいます。なのでエステなど気軽に働ける店に海外勢は集まるのです。

アジアンエステの接客はどう?

日本と海外では文化などさまざまなところに大きな違いがあると思いますが、最も身近でなおかつ大きな違いが分かる瞬間といえば「接客」ではないでしょうか。

日本は世界でも接客に繊細な国柄で、空気を読む心を読む接客が求められます。しかし海外は良い意味でも悪い意味でもおおらか、という接客イメージが強いです。決して海外の女性が悪いというわけではなく、接客の繊細さや心配りの方法が違うだけ。客側も相手は文化の異なる外国人だと理解しておくことが大切だということです。

日本女性は恥ずかしがりやで基本受身、だけど空気は読めるという感じですが、アジアン女性は大雑把なところがあるが、おおらかで積極的なサービスが望めます。もちろん女性によって違いはありますが、今までにないダイナミックな接客や性感サービスを受けられるところがメリットです。

メンズエステ、マッサージはストレス解消のためパパッとスッキリしたい人の利用も多いです。そんなときにテクニック炸裂の明るくサバサバとした接客を受けると癒しと元気をもらえますよ。

若いアジアンエステ嬢がおすすめ

ずっと海外に住んでいた日本人って、性格が日本人よりも明るいと感じませんか?ハワイに住んでいてたまに日本でテレビの仕事をしている芸能人の様子を見ると、底抜けに明るく元気な印象があります。

元々控えめな日本人でも海外にいると明るくなるのなら、海外に住んでいる外国人は心底明るいということになりますね。そしてきっと反対もしかりで、外国人が日本に住んでいる期間が長ければ長いほど日本色に染まっていきます。

なので海外の底抜けの明るさで元気がもらいたい、よりリアルなチャイナ姫と会話しながら癒されたいというのなら、まだ日本にきて間もないであろう若いアジアンエステ嬢を選ぶことをおすすめします。