メンズエステで遊ぶ前準備/男の癒し処

自分に合うエステ・マッサージの選び方を伝授!ここでは「メンズエステで遊ぶ前準備」について掲載しています。

メンズエステ・マッサージの選び方 サイトマップ

  1. メンズエステ・マッサージの選び方 TOP
  2. ドライとも潮吹きとも違う「ところてん」とは
  3. もし、エステ嬢に本番を誘われたら・・・?
  4. メンズエステで遊ぶ前準備
  5. 睾丸マッサージの嬉しい効果
  6. 風俗メンズエステの営業時間は?
  7. 目的別!おすすめ風俗エステ
  8. 男の潮吹きとは?ドライオーガズムとは違うの?
  9. メンズエステを実際に利用するにはどうするの?
  10. メンズエステの3Pとは?
  11. アジアンエステとは?
  12. 洗体エステ・密着エステとは
  13. メンズエステで安く・お得に遊ぶコツ
  14. メンズエステ嬢と仲良くなるコツ・メリット
  15. ヘルスサービスも受けられる?ハイブリッドエステとは
  16. M男がハマるM性感エステとは
  17. メンズエステでしか味わえないプレイってある?
  18. メンズエステで満足した理由・しなかった理由
  19. メンズエステで客ができないこと
  20. メンズエステでEDの改善が期待できる?
  21. メンズエステで射精は何回できる?
  22. ハズれないメンズエステの選び方
  23. メンズエステ・アロママッサージの料金相場
  24. マッサージテクニックがあるメンズエステの選び方
  25. 回春マッサージでできるドライオーガズム講座
  26. 中国・アジアンエステってどう?
  27. エッチなオプションで濃厚癒し体験
  28. マッサージで勃起するか不安な男性へ
  29. 短小・包茎でも気にせず遊べるメンズエステ!

メンズエステで遊ぶ前準備

いざメンズエステで遊ぼう♪としても、エチケットがなってなかったら楽しさも半減してしまうというもの。派遣型でも店舗型でも共通の、遊ぶ前に準備しておくことを解説していきます。

シャワーは出来るだけ浴びておく

お店のルールによってはシャワーはエステ嬢が到着までに浴びておく事が義務付けられている場合があります。
その場合に浴びておくのは当たり前ですが、洗体エステで洗ってもらう場合や混浴オプションで一緒にお風呂に入る場合などは「後で浴びるからいいか」となりがちです。

しかし、いくらエステ嬢が洗うといっても、臭い人を洗うのは苦痛でしかありません。不潔な印象をもたれれば、マッサージやプレイにも力が入らないかもしれません。

はっきり言って「この人に触りたくないな」と思われてしまうという事です。

これは自分にとってもマイナス要素です。ズボラしてエステ嬢を嫌な気持ちにさせる事で得られるメリットは何一つありません。

店舗型で事前に浴びれない場合であっても、制汗スプレーや汗ふきシートはたくさんあります。綺麗にしておく身だしなみを整えるだけでも好印象です。

夏場などは可能であればパンツと靴下を洗い立ての綺麗なものに履き替えておくことをお勧めします。

歯磨きもしておく

デリヘルなどでは歯磨きをするのがルールですが、キスやタッチのないメンズエステでは歯磨きが用意されていない場合も多いです。
キスしないならイイじゃんと思う人もいるかもしれませんが、マッサージを受けてる間中、あなたは息を吐きますし、抜きサービスがあれば息遣いも荒くなるでしょう。マッサージ中も気の利くエステ嬢であれば軽く会話をしなから施術を進めていきます。

これがイイ匂いの綺麗な体であれば近づくのも嫌ではありませんが、話す息が臭いとどうなるでしょうか。
エステ嬢は少しでも貴方の口から離れようと必死になるでしょう。体だけ綺麗にしても口が臭ければちょっとした密着や耳元でする会話も期待できません。 喋るのも嫌で話すのをやめてしまうかもしれません。それくらい口臭というのは人に嫌悪感を抱かせるものなのです。

キスするとかしないとかではなく、人に会う、しかも近い距離となれば歯磨きもエチケットです。
どうしても歯ブラシや歯磨きをする場所があに時は、口をゆすぐ液やガムなどを上手に活用しましょう。

風俗、セックステク…エッチなコラムサイト、登場。

現役風俗嬢も赤裸々告白!エッチなコラムを毎日更新中♪

今すぐコラムを覗き見してみる↓

オトナclub 〜男女のエッチな本音コラム〜

貴重品の管理

メンズエステではマッサージ終わりにシャワーを浴びる場合があります。特にオイルマッサージなどをした場合は必ず入ります。そしてその時は1人で入る事も多いですね。

そんな時に財布や貴重品を簡単に盗れる場所に放置しておくのは考え物です。盗難の心配ももちろんですが、何かあったときに疑う要素は1つでも少ないに越したことはありません。

きっちり自分を守る事は、双方が気分よく時間を過ごせることにも繋がります。

必要以上の大金は財布に入れておかない、財布を見える場所に置かないなどは当たり前です。短時間で触りやすいジャケットの内ポケットに入れておくのもNGです。
鞄に入れておくのも、もう1つ何かにくるんであったり、底の方にあって取り出しにくいだけでも良いでしょう。

ズボンのポケットに入れて歩くタイプの人は、畳んだズボンの中に入れておくなど、意識しているだけでも問題は起こりにくいものです。